婦人科で不妊治療を行っていき、妊娠しやすい身体づくりをする

ピックアップ

  • 身体を温める

    身体を温めることは身体全体の血行促進にも繋がり、また妊娠しやすい身体づくりをすることができます。普段の食事で身体を温めるものを中心に摂取していれば、自分自身で不妊治療を行えます。

子供づくり

医療福祉施設や婦人科などでは不妊のための治療を行っています。
不妊症の方は身体に何らかの原因があることで妊娠しづらく、異性と性行為をしてもなかなか妊娠に至らないことが多いです。
妊活をしてから二年以上妊娠しない人は不妊症の可能性があるので、一度医療福祉施設や婦人科などで検査をする必要があります。
検査は女性だけではなく相手の男性も行うことが大切です。
女性や男性にも不妊の原因があるため、どちらも検査をすることによりどちらが原因になっているのか特定することができます。
もし検査で原因を知ることが出来れば、それに合わせて治療を行うことで妊娠しやすい身体づくりができます。
不妊治療では最初に排卵日に合わせたタイミング法を行っていきます。
排卵日に合わせて性行為をすることで妊娠できる確率を高めることができますが、それでも妊娠できない場合は次に排卵誘発や人工授精などを行います。
こうしたステップアップ法をしていくことで不妊症の人でも妊娠できる可能性が上がります。

婦人科や医療福祉施設で治療をする他にも、自宅で簡単にサプリメントなどを服用することによって体質改善をすることができます。
葉酸やマカなどの成分は健康的な身体づくりに良いとされているので、毎日の生活で摂取すれば気軽に不妊対策が行えます。
また冷え性も身体に悪いとされているので、日頃から不妊に良い食べ物を摂取することで身体全体を温めることができます。

最新記事

  • 初めての受診

    初めて不妊治療をするために婦人科へ受診するときは、まず問診票を記入して専門医とカウンセリングを行っていきます。また日頃から基礎体温を計っておくと原因を特定しやすいです。

  • タイミング

    妊活をしてもなかなか妊娠できないときは早めに婦人科へ相談に行って不妊治療をすることが大切です。身体はとてもデリケートなので、少し身体に異変があるだけで妊娠の確率を大幅に下げてしまいます。