タイミング | 婦人科で不妊治療を行っていき、妊娠しやすい身体づくりをする

婦人科で不妊治療を行っていき、妊娠しやすい身体づくりをする

タイミング

一般的に不妊とされているのは妊活を2年以上行っても妊娠できないことです。
ですが2年というのはあくまでも目安に過ぎないため、1年ちょっと過ぎても妊娠できない人は婦人科などへの受診をすることが大切です。
早期発見をすることによってすぐに不妊治療を行うことができ、不妊治療で体質改善をして再度妊活をすることで妊娠しやすくなります。
身体に一つでも異常があれば妊娠できる確率を大幅に下げてしまいます。
例えば排卵時期を確認していないでその都度行う性行為や、子宮内膜などの病気、精子の状態が悪いなど一つでも当てはまると妊娠できないのです。
人によっては月経不順になってしまう人やいつもより状態が悪いなどの症状があることで、身体の調子が悪いことに気付きます。
そのことから不妊治療をするために産婦人科へ受診をする決意ができますが、何も症状がないと単なるタイミングのずれによる問題だと勘違いしてしまいやすいです。
不妊症の問題は身体に異常があっても分かりやすい症状が出づらいことが多いです。

産婦人科では無料カウンセリングも行っているので、少しでも妊娠できないと感じた人は気軽に相談をすることができます。
不妊治療の方法はその人の原因によっても大きく異なるため、しっかりと専門医と話をして治療方法について理解をする必要があります。
治療方法によっては身体に負担を抱えてしまうこともありますが、その代わり妊娠の確率を高めることができます。