初めての受診 | 婦人科で不妊治療を行っていき、妊娠しやすい身体づくりをする

婦人科で不妊治療を行っていき、妊娠しやすい身体づくりをする

初めての受診

妊活をしている人は妊娠しやすくするために毎日基礎体温を計って、自分自身の排卵日をある程度特定する必要があります。
そうすることで一ヶ月の間で妊娠しやすい日を特定することができ、それに合わせて効率的に妊活を行うことができます。
人によっては数回の妊活で妊娠できる人もいますが、中には何回行ってもなかなか妊娠まで至らないという方がいます。
単にそれはタイミングが悪かったということもありますが、妊娠できない期間が2年以上も続いてしまうと不妊症の可能性が強いです。
少しでも不妊だと感じたらすぐに婦人科で検査を受けることが大切です。
不妊になっているときはいくら妊活を行っても妊娠することができませんので、原因を特定して早めに治療をすることで妊娠しやすい身体にできます。
婦人科で不妊治療を受ける前にまずは問診票を記入していきます。
問診票はチェック項目がいくつかあるので、それに対して答えていくことで専門医とのカウンセリングでスムーズに話を進めていくことができます。

また受診をする前に数ヶ月の基礎体温を計って表を作っておくと診察のときに役立ちます。
その基礎体温表から不妊の原因を特定することもできるので、妊活を始めたら毎日基礎体温を計って記入することも大切です。
専門医とのカウセリングを終えたらいよいよ不妊治療の準備をしていきます。
不妊治療を行うことで必ず妊娠できるわけではありませんが、普通に妊活をするよりも不妊治療を行った方が妊娠できる確率をアップすることができます。